陽気なピエロのコインロッカー

読んだ本を晒す棚 感想はTwitter:かず@kazu7honyomiで

2020年6月に読んだ本

<36>石井妙子『女帝 小池百合子』文藝春秋 ★4女帝 小池百合子 (文春e-book)作者:石井 妙子発売日: 2020/05/29メディア: Kindle版 <35>野﨑まど『タイタン』講談社 ★4タイタン作者:野崎まど発売日: 2020/04/21メディア: Kindle版 <34>葵遼太『処女の…

2020年5月に読んだ本

<33>辻堂ゆめ『あの日の交換日記』中央公論新社 ★4.5あの日の交換日記作者:辻堂ゆめ発売日: 2020/04/21メディア: Kindle版 <32>リチャード・プレストン『ホット・ゾーン エボラ・ウイルス制圧に命を懸けた人々』ハヤカワ文庫 ★4ホット・ゾーン エボラ・…

2020年4月に読んだ本

<23>宇佐美まこと『展望塔のラプンツェル』光文社 ★4.5展望塔のラプンツェル作者:宇佐美 まこと発売日: 2019/09/18メディア: 単行本 <22>今村翔吾『菩薩花』祥伝社文庫 ★4菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)作者:今村翔吾発売日: 2018/05/11メディア: 文…

2020年3月に読んだ本

<16>新章文子『名も知らぬ夫』光文社文庫 ★3.5名も知らぬ夫: 昭和ミステリールネサンス (光文社文庫)作者:文子, 新章発売日: 2019/04/11メディア: 文庫 <15>城山真一『相続レストラン』角川文庫 ★3相続レストラン (角川文庫)作者:城山 真一発売日: 2020/…

2020年2月に読んだ本

<8>歌田年『紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人』宝島社 ★3.5【2020年・第18回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人 (『このミス』大賞シリーズ)作者:歌田 年発売日: 2020/01/10メディア: 単行本 <7>…

2020年1月に読んだ本

<4>都筑道夫『紙の罠』ちくま文庫 ★3.5紙の罠 (ちくま文庫)作者:道夫, 都筑発売日: 2019/11/08メディア: 文庫 <2,3>小川哲『ゲームの王国(上下)』ハヤカワ文庫 ★5ゲームの王国 下 (ハヤカワ文庫JA)作者:小川 哲発売日: 2019/12/04メディア: Kindle版ゲ…

2019年12月に読んだ本

<66>島田潤一郎『古くて新しい仕事』新潮社 ★4.5古くてあたらしい仕事作者:島田 潤一郎発売日: 2019/11/27メディア: 単行本 <65>足立紳『それでも俺は、妻としたい』新潮社 ★4それでも俺は、妻としたい作者:足立紳発売日: 2019/10/30メディア: 単行本 <…

2019年11月に読んだ本

<59>高田大介『まほり』角川書店 ★4まほり作者:高田 大介出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/10/02メディア: 単行本 <58>生島治郎『黄土の奔流』光文社文庫 ★4.5黄土の奔流: 冒険小説クラシックス (光文社文庫)作者:生島 治郎出版社/メーカー: 光文…

2019年10月に読んだ本

<54>高橋ユキ『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』晶文社 ★3つけびの村 噂が5人を殺したのか?作者: 高橋ユキ(タカハシユキ)出版社/メーカー: 晶文社発売日: 2019/09/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見る <53>鏑木蓮『茶碗継ぎの恋 編集者…

2019年9月に読んだ本

<46>連城三紀彦『落日の門 連城三紀彦傑作集2』創元推理文庫 ★4落日の門 (連城三紀彦傑作集2) (創元推理文庫)作者: 連城三紀彦,松浦正人編出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2018/12/12メディア: 文庫この商品を含むブログを見る <45>連城三紀彦『六花…

2019年8月に読んだ本

<42>青柳碧人『悪魔のトリック』祥伝社文庫 ★3悪魔のトリック (祥伝社文庫)作者: 青柳碧人出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2019/05/15メディア: 文庫この商品を含むブログを見る <41>加納朋子『いつかの岸辺に跳ねていく』幻冬舎 ★4.5いつかの岸辺に跳ね…

2019年7月に読んだ本

<33>早見和真『店長がバカすぎて』角川春樹事務所 ★4店長がバカすぎて作者: 早見和真出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2019/07/13メディア: 単行本この商品を含むブログを見る <32>砥上裕將『線は、僕を描く』講談社 ★4.5線は、僕を描く作者: …

2019年6月に読んだ本

<25>津原泰水『ヒッキーヒッキーシェイク』ハヤカワ文庫 ★4ヒッキーヒッキーシェイク (ハヤカワ文庫JA)作者: 津原泰水出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2019/06/06メディア: 文庫この商品を含むブログを見る <24>酒本歩『幻の彼女』光文社 ★4幻の彼女…

2019年5月に読んだ本

<20>篠田節子『鏡の背面』集英社 ★4鏡の背面作者: 篠田節子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2018/07/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る <19>青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』双葉社 ★4むかしむかしあるとこ…

2019年4月に読んだ本

<15>伊与原新『月まで三キロ』新潮社 ★5月まで三キロ作者: 伊与原新出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/12/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る <14>真藤順丈『宝島』講談社 ★4.5第160回直木賞受賞 宝島作者: 真藤順丈出版…

2019年3月に読んだ本

<12>横山秀夫『ノースライト』新潮社 ★4.5ノースライト作者: 横山秀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2019/02/22メディア: 単行本この商品を含むブログを見る <11>伊吹亜門『刀と傘 明治京洛推理帖』東京創元社 ★4.5刀と傘 明治京洛推理帖 (ミステリ・…

2019年2月に読んだ本

<9>芦沢央『火のないところに煙は』新潮社 ★4火のないところに煙は作者: 芦沢央出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/06/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る <8>奥泉光『雪の階』中央公論新社 ★4雪の階 (単行本)作者: 奥泉光出版社/メ…

2019年1月に読んだ本

<6>榎本憲男『巡査長 真行寺弘道』中公文庫 ★4巡査長 真行寺弘道 (中公文庫)作者: 榎本憲男出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2018/04/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る <5>田中靖浩『会計の世界史』日本経済新聞出版社 ★4.5会計の世…

2018年12月に読んだ本

<45>森見登美彦『熱帯』文藝春秋 ★3.5 久々のモリミー本。独特の世界観は相変わらずだが、物語の風呂敷がどんどん広がってそれが入れ子構造のようになって・・・。面白いのは面白いんだけど、SF気の乏しいワタクシには少々ついていけない部分があったのも…

2018年11月に読んだ本

<41>竹宮ゆゆこ『あなたはここで、息ができるの?』新潮社 ★4.5 正直、読み始めてしばらくは苦手な部類の小説だなーと思ってた。それでもぐいぐい引き込まれるようななんともいえない魅力があるなと思いながら読んでいた。読了して、思わず「すごい本を読…

2018年10月に読んだ本

<35>名倉編『異セカイ系』講談社タイガ ★3.5 第58回メフィスト賞受賞作。中盤までは読みやすいけど苦手なやつかな~、と思いながら読んでいたけど、そこからの展開が哲学めいて興味深かった。ド本格のメタフィクション。それにしてもメフィスト賞は次々と…

2018年9月に読んだ本

<32>赤松利市『鯖』徳間書店 ★3.5 アングラ感漂う装丁の通り、昭和の荒くれ漁師たちの底辺の暮らしぶりからの・・・。登場人物がみな独特で魅力的。怒涛のラストがやや唐突だったかなぁ。鯖 (文芸書)作者: 赤松利市出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2018/…

2018年8月に読んだ本

<29>デイヴィッド・グラン著、倉田真木訳『花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』早川書房 ★4.5 なんというノンフィクションだろう。20世紀初頭に起こった20人を超える先住民が殺された事件の真相に迫るだけでなく、アメリカ社会の暗部を…

2018年7月に読んだ本

<23>高橋弘希『送り火』文藝春秋 ★3 第159回芥川賞受賞作。文章は洗練されていて巧いと思ったけど終盤の描写は唐突に感じた。送り火作者: 高橋弘希出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2018/07/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る <22>…

2018年6月に読んだ本

<18>木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』講談社ダイガ ★4.5 第55回メフィスト賞受賞作。死んだ者が生きていたときの情報のみで犯人を推理するという斬新な短編集。読みやすく、かつ、なるほど感あるミステリで好印象。閻魔堂沙羅の推理奇譚 (講談社タイガ)作…

2018年5月に読んだ本

<16>セバスチャン・フィツェック/酒寄進一訳『乗客ナンバー23の消失』文藝春秋 ★3.5 衝撃の展開の連続は評判通りの面白さだったけど、訳との相性が合わなかったかも。謎も魅力的だし、社会的なテーマもあってもうちょっとのめりこんで読めたらより楽しめ…

2018年4月に読んだ本

<14>笹沢左保『流れ舟は帰らず 木枯し紋次郎ミステリ傑作選』創元推理文庫 ★4.5 10編収録の文字通り傑作選。渡世人の生き様や当時の風俗のみならず紋次郎のキャラクターはもちろん、ミステリとしても上質。流れ舟は帰らず (木枯し紋次郎ミステリ傑作選) …

2018年3月に読んだ本

<11>柚月裕子『盤上の向日葵』中央公論新社 ★4.5 いやー面白かった。読ませる読ませる。さすが柚月裕子。将棋の名駒をめぐる哀切の骨太の物語だが、終盤やや拙速だったかなと。盤上の向日葵作者: 柚月裕子出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2017/08/18…

2018年2月に読んだ本

<7>蘇部健一『小説X あなたをずっと、さがしてた』小学館 ★4 さすが蘇部健一(笑) いやー恐ろしい小説を読んだ。ラスト一行、やられました。小説X あなたをずっと、さがしてた作者: 蘇部健一出版社/メーカー: 小学館発売日: 2018/01/23メディア: 単行本こ…

2018年1月に読んだ本

<5>町田そのこ『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』新潮社 ★4 デビュー作の連作短編でこの出来栄えはすごい。間違いなく書ける作家さんだと思う。次作が楽しみ。夜空に泳ぐチョコレートグラミー作者: 町田そのこ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/08/22…