陽気なピエロのコインロッカー

読んだ本を晒す棚 感想はTwitter:かず@kazu7honyomiで

2021年3月に読んだ本

<23>はやせこう『庶務省総務局KISS室 政策白書』ハヤカワ文庫 ★4


<22>櫻田智也『蟬かえる』東京創元社 ★4.5


<21>上田早夕里『ヘーゼルの密書』光文社 ★4.5

ヘーゼルの密書

ヘーゼルの密書


<20>伊岡瞬『赤い砂』文春文庫 ★3.5

赤い砂 (文春文庫)

赤い砂 (文春文庫)


<19>榎本憲男『コールドウォー』小学館文庫 ★3.5


<18>榎本憲男『インフォデミック』中公文庫 ★3.5


<17>齊藤千輪『だから僕は君をさらう』双葉文庫 ★4

だから僕は君をさらう (双葉文庫)

だから僕は君をさらう (双葉文庫)

2021年2月に読んだ本

<16>榊林銘『あと十五秒で死ぬ』東京創元社 ★4.5


<15>新川帆立『元彼の遺言状』宝島社 ★4

元彼の遺言状

元彼の遺言状


<14>はやみねかおる『亡霊は夜歩く』講談社青い鳥文庫 ★3.5


<13>北里紗月『清らかな、世界の果てで』講談社 ★4.5

清らかな、世界の果てで

清らかな、世界の果てで


<12>蜂須賀敬明『焼餃子』双葉社 ★4

焼餃子

焼餃子

  • 作者:蜂須賀 敬明
  • 発売日: 2020/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


<11>宇佐見りん『推し、燃ゆ』河出書房新社 ★4

推し、燃ゆ

推し、燃ゆ


<10>木崎みつ子『コンジュジ』集英社 ★3

コンジュジ (集英社文芸単行本)

コンジュジ (集英社文芸単行本)


<9>乗代雄介『旅する練習』講談社 ★5

旅する練習

旅する練習

2021年1月に読んだ本

<8>西條奈加『心淋し川』集英社 ★4.5

心淋し川

心淋し川



<7>坂上泉『インビジブル文藝春秋 ★4

インビジブル (文春e-book)

インビジブル (文春e-book)



<6>新井久幸『書きたい人のミステリ入門』新潮新書 ★5



<5>はやみねかおる『そして五人がいなくなる』講談社青い鳥文庫 ★4



<4>長浦京『アンダードッグス』KADOKAWA ★4

アンダードッグス (角川書店単行本)

アンダードッグス (角川書店単行本)



<3>榎本憲男『DASPA 吉良大介』小学館文庫 ★4

DASPA 吉良大介 (小学館文庫)

DASPA 吉良大介 (小学館文庫)



<2>上間陽子『海をあげる』筑摩書房 ★4

海をあげる (単行本)

海をあげる (単行本)



<1>伊与原新『八月の銀の雪』新潮社 ★5

八月の銀の雪

八月の銀の雪

2020年12月に読んだ本

<76>伊坂幸太郎『逆ソクラテス集英社 ★4.5

逆ソクラテス (集英社文芸単行本)

逆ソクラテス (集英社文芸単行本)



<75>深木章子『欺瞞の殺意』原書房 ★4.5

欺瞞の殺意

欺瞞の殺意



<74>芦沢央『汚れた手をそこで拭かない』文藝春秋 ★4

汚れた手をそこで拭かない (文春e-book)

汚れた手をそこで拭かない (文春e-book)



<73>古田雄介『スマホの中身も「遺品」です デジタル相続入門』中公新書ラクレ ★3.5


<72>酒井田寛太郎『放課後の嘘つきたち』ハヤカワ文庫 ★4

放課後の嘘つきたち (ハヤカワ文庫JA)

放課後の嘘つきたち (ハヤカワ文庫JA)



<71>辻真先『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説東京創元社 ★4.5



<70>胡桃沢耕史『天山を越えて』光文社文庫 ★4

2020年11月に読んだ本

<69>寺地はるな『水を縫う』集英社 ★4

水を縫う (集英社文芸単行本)

水を縫う (集英社文芸単行本)



<68>北森鴻『狐罠』徳間文庫 ★4

旗師・冬狐堂一 狐罠 (徳間文庫)

旗師・冬狐堂一 狐罠 (徳間文庫)

  • 作者:北森鴻
  • 発売日: 2020/11/06
  • メディア: 文庫



<67>綾崎隼『盤上に君はもういない』角川書店 ★4.5

盤上に君はもういない

盤上に君はもういない

  • 作者:綾崎 隼
  • 発売日: 2020/09/30
  • メディア: 単行本



<66>ギョーム・ミュッソ『パリのアパルトマン』集英社文庫 ★4

パリのアパルトマン (集英社文庫)

パリのアパルトマン (集英社文庫)



<65>阿部和重伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』新潮文庫 ★4



<64>澤宮優『世紀の落球 「戦犯」と呼ばれた男たちのその後』中公新書ラクレ ★3.5

2020年10月に読んだ本

<63>小川さやか『チョンキンマンションのボスは知っている』春秋社 ★4



<62>越尾圭『殺人事件が起きたので謎解き配信してみました』宝島社文庫 ★4



<61>川上和人『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』新潮文庫 ★4.5

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

  • 作者:川上 和人
  • 発売日: 2017/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



<60>町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』中央公論新社 ★4.5

52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラたち



<59>根本聡一郎『人財島』角川文庫 ★3

人財島 (角川文庫)

人財島 (角川文庫)

2020年9月に読んだ本

<58>榎本憲男『エージェント 巡査長真行寺弘道』中公文庫 ★4.5

エージェント-巡査長 真行寺弘道 (中公文庫)

エージェント-巡査長 真行寺弘道 (中公文庫)



<57>柴田勝家アメリカン・ブッダ』ハヤカワ文庫 ★4



<56>奥泉光『死神の棋譜』新潮社 ★4.5

死神の棋譜

死神の棋譜



<55>深沢仁『この夏のこともどうせ忘れる』ポプラ文庫ピュアフル ★4



<54>北里紗月『さようなら、お母さん』講談社 ★4

さようなら、お母さん

さようなら、お母さん



<53>石川宏千花『青春ノ帝国』あすなろ書房 ★3.5

青春ノ帝国

青春ノ帝国



<52>大橋崇行『遥かに届く きみの聲』双葉文庫 ★4.5

遥かに届くきみの聲 (双葉文庫)

遥かに届くきみの聲 (双葉文庫)



<52>浅葉なつ『どうかこの声が、あなたに届きますように』文春文庫 ★4.5



<51>伊藤祐靖『邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき』新潮社 ★4.5