陽気なピエロのコインロッカー

読んだ本を晒す棚 感想はTwitter:はらかず@kazu7honyomiで

2022年9月に読んだ本

<80>飛鳥井千砂『見つけたいのは、光。』幻冬舎 ★4.5



<79>城山真一『看守の信念』宝島社 ★4.5



<78>結城真一郎『#真相をお話しします』新潮社 ★4.5



<77>シヴォーン・ダウド『ロンドン・アイの謎』東京創元社 ★4



<76>井川意高『溶ける 再び そして会社も失った』幻冬舎 ★3



<75>邱永漢『香港・濁水渓』中公文庫 ★3.5



<74>須江航『二度消えた甲子園 仙台育英野球部は未曾有の苦境をどう乗り越えたのか』ベースボール・マガジン社 ★4



<73>乗代雄介『パパイヤ・ママイヤ』小学館 ★4



<72>結城昌治『幻の殺意/夜が暗いように』創元推理文庫 ★3.5

2022年8月に読んだ本

<71>佐川恭一『シン・サークルクラッシャー麻紀』破滅派 ★4



<70>彩藤アザミ『不村家奇譚-ある憑きもの一族の年代記-』新潮社 ★3.5



<69>小川哲『地図と拳』集英社 ★5



<68>時武里帆『護衛艦あおぎり艦長 早乙女碧』新潮文庫 ★3.5



<67>ジェフ・フレッチャー『SHO-TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』徳間書店 ★3.5



<66>原田ひ香『古本食堂』角川春樹事務所 ★4.5



<65>加納朋子『空をこえて七星のかなた』集英社 ★4



<64>浅倉秋成『俺ではない炎上』双葉社 ★4.5



<63>梅崎春生『ボロ家の春秋』中公文庫 ★4



<62>阿佐田哲也麻雀放浪記(2)風雲編』双葉文庫 ★3.5



<61>エルヴェ・ル・テリエ『異常<アノマリー>』早川書房 ★4



<60>北山猛邦『月灯館殺人事件』星海社FICTIONS ★4.5

2022年7月に読んだ本

<59>今村翔吾『塞王の楯』集英社 ★4.5



<58>笹沢左保『空白の起点』徳間文庫 ★3.5



<57>麻加朋『青い雪』光文社 ★4.5



<56>熊谷はるか『JK、インドで常識ぶっ壊される』河出書房新社 ★4



<55>仁木悦子『冷えきった街/緋の記憶』創元推理文庫 ★4.5



<54>稲田豊史『映画を早送りで観る人たち』光文社新書 ★4.5



<53>窪美澄『夜に星を放つ』文藝春秋 ★3.5



<52>永井紗耶子『女人入眼』中央公論新社 ★4

2022年6月に読んだ本

<51>深緑野分『スタッフロール』文藝春秋 ★4.5



<50>向井湘吾『予備校のいちばん長い日』小学館文庫 ★3.5



<49>呉勝浩『爆弾』講談社 ★4



<48>瀧羽麻子『博士の長靴』ポプラ社 ★3.5



<47>曽野綾子『ビショップ氏殺人事件 曽野綾子ミステリ傑作選』中公文庫 ★3.5



<46>梶龍雄『龍神池の小さな死体』徳間文庫 ★4



<45>安壇美緒『ラブカは静かに弓を持つ』集英社 ★4



<44>貴戸湊太『そして、ユリコは一人になった』宝島社文庫 ★3.5



<43>翔田寛『油絵は謎をささやく』KADOKAWA ★4

2022年5月に読んだ本

<42>藤谷治『燃えよ、あんず』小学館文庫 ★4.5



<41>高瀬隼子『おいしいごはんが食べられますように』講談社 ★4.5



<40>碧野圭『凛として弓を引く』講談社文庫 ★4



<39>綾辻行人十角館の殺人講談社ノベルス ★5



<38>武内涼『暗殺者、野風 川中島を駆ける』角川文庫 ★4



<37>河野典生『他人の城/憎悪のかたち』創元推理文庫 ★3



<36>楠谷佑『ルームメイトと謎解きを』ポプラ社 ★4



<35>早見和真『八月の母』KADOKAWA ★4.5



<34>紅玉いづきミミズクと夜の王 完全版』メディアワークス文庫 ★3

2022年4月に読んだ本

<33>一穂ミチ『砂嵐に星屑』幻冬舎 ★4



<32>伊坂幸太郎『フーガはユーガ』実業之日本社文庫 ★3.5



<31>中町信『追憶(recollection)田沢湖からの手紙』徳間文庫 ★4



<30>錦見映理子『恋愛の発酵と腐敗について』小学館 ★4



<29>清水裕貴『花盛りの椅子』集英社 ★3.5



<28>角田喜久雄『霊魂の足 加賀美捜査一課長全短編』創元推理文庫 ★4



<27>五十嵐貴久『コンクールシェフ!』講談社 ★4

2022年3月に読んだ本

<26>永井みみ『ミシンと金魚』集英社 ★4.5



<25>榎本憲男『マネーの魔術師-ハッカー黒木の告白』中公文庫 ★4



<24>青谷真末『水野瀬高校放送部の四つの声』ハヤカワ文庫 ★4



<23>町田康『男の愛 たびだちの詩』左右社 ★3



<22>乙一『銃とチョコレート』講談社 ★4



<21>櫻井とりお『図書室の奥は秘密の相談室』PHP研究所 ★3.5



<20>砂川文次『ブラックボックス講談社 ★3



<19>朝井リョウ『正欲』新潮社 ★4.5



<18>宇能鴻一郎『姫君を喰う話 宇能鴻一郎傑作短編集』新潮文庫 ★2.5



<17>山田正紀『囮捜査官北見志穂1山手線連続通り魔』徳間文庫 ★3